2021年10月17日 (日)

『台北プライベートアイ』

読みました。

 

ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4163913674

2021年10月13日 (水)

茶風の特別メニュー

茶風というのは神谷町にある菊池寛実記念智美術館に併設されているカフェです。以前あったレストランが撤退し、すこしおいてオープンしました。

智美術館では陶芸家、中里隆の個展が11月28日まで行われています。その期間中、茶風では特別メニューとして、コーヒーとお菓子のセットを出しています。コーヒーカップは隆さん作の湯のみ、お菓子は隆さんの工房、隆太窯のうつわで提供されます。

2021年9月28日 (火)

東京国立博物館の特集展示「浅草寺のみほとけ」

本館1階の第14室で行われています。12月19日までです。

14室は建物の隅ですから、広くないし、点数もそれほど多くはありません。ケース内で展示されており、比較的小さな仏像ばかりです。

しかし、内容がなかなかのものです。

たとえば、立った水牛に乗る大威徳明王像(鎌倉時代)、大仏殿様四天王像(鎌倉時代)は、邪鬼を踏んでいるんですが、特に持国天、増長天像はとても踏む力が強くて、邪鬼の顔が変形しています。「邪鬼はこらしめられているというより、心を入れ替えて四天王を支えているんだ」っていう人がいますが、いや、この四天王の場合、むちゃくちゃこらしめられています。まだありますよ。中国から来た僧形像、童子形で4臂で座っている聖天像、片足で雲に乗って疾駆する風神雷神、そして鬼の形相をした角大師坐像。

像は信者の方から浅草寺に寄進されたものが多いということです。それが東京国立博物館に寄託されて、今回そのすべてを公開しているとのことです。

 

https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=2123

2021年8月30日 (月)

インド映画「きっと、うまくいく」、見ました。

昨日はワクチン接種の翌日で、一日ゆっくり。家で映画を見ました。

2021年8月26日 (木)

『万波を翔る』

読みました。

 

ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4532171490

2021年8月12日 (木)

東京長浜観音堂

日本橋のビルの一室にあります。ちょっとわかりにくいので、事前によく地図を確認していくことをお勧めします。

住所は東京都中央区日本橋2-3-21、八重洲セントラルビルの4階です。

今は長浜市南郷長の自治会館でお守りされている聖観音像が来ています。9月上旬までで、次は安念寺(いも観音)の仏像が来る予定だそうです。

Photo_20210812175301

2021年8月11日 (水)

『1945年のクリスマス』

読みました。

 

ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4760110773

2021年8月 1日 (日)

『仙台ぐらし』

読みました。

 

ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4087453263

2021年7月23日 (金)

『今まであなたのこと友達だと思ってたのに』

読みました。

 

ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4761275358

 

なんと秀逸なタイトルでしょう。

2021年7月17日 (土)

「さかさま川の水」

読みました。

 

ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4834022162

«鎌倉国宝館の「仏像入門」

無料ブログはココログ
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31